グリーンスムージーは葉野菜と果物の比率が大事

グリーンスムージーは、美容効果の高い飲み物として注目されています。
グリーンスムージーは、葉野菜と果物とを混ぜて作るので、それらの栄養分がギュッと詰まっているのです。
しかし葉野菜ばかりを入れてしまうと、苦みや渋みのある飲み物となります。
果物ばかりを入れてしまうと、果糖の多い飲み物となります。
風味が良くないと飲みにくいですし、果糖が多いと太る原因となってしまうため、別の意味で飲みにくいです。
そのためグリーンスムージーは、飲みやすくするために、葉野菜と果物との比率を考えて作ることが、非常に重要となっています。
具体的なレシピとしては、まずは苦みの少ない小松菜や水菜などの葉野菜を用意します。
そしてその倍ほどの量の果物を用意します。
香りと甘みの強いバナナが特におすすめです。
それらをミキサーに入れ、水を加えて混ぜると、できあがりとなります。
非常に簡単ですし、苦味の少ない葉野菜と甘いバナナを使っているため、風味も良いです。
バナナを冷凍させてから使うと、シャリシャリとした触感のシェイクのような飲み物となり、一層おいしくなります。